らうーるの詰将棋置場
詰将棋を作ってみたりそうでなかったり。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
将棋世界2011年8月号 詰将棋サロン第2番
最近、通勤中の反復練習として買ったのが「おもしろ詰将棋216」。
知っている人は知っていると思いますが、双玉作品しかありません。
解いていて頭が痛くなりそうで、通勤中にはなかなかハードですね(笑)

今回自作解説をするのは、将棋世界入選3回目の作品です。

BANT033.png

やたらと桂馬ばっかりの初形。持駒はたっぷり角角金金とありますので、どうやっても詰みそうに見えます。17金と打ってみるのは順当なところ。同桂成の一手ですが、同銀では25玉から大海に逃げられてしまいます。

それでは角を打って王手をかけてみましょう。25桂合、17銀、27玉に37金、同桂成で不詰……と思いきや、桂馬は盤上に4枚あるので、25桂合はできません。いつでも成り返ることができるように43角、26玉、37銀、35玉……。どうにもこれが詰みません。26~35玉とされたときに詰む形を作っておく必要があるのです。

正解は34角。45の地点は塞ぐことができますが、生角なので不安が残りますが、26玉に44角が狙いの捨駒。これで44の地点を塞げば、37銀、35玉に25金で詰みます。

結局27玉と避けたところで、3手目に打った角を16角と捨てて解決。二枚角限定打がテーマではありますが、手順としては解説する余地を見つけ出すのが大変なぐらい簡単です(笑)

17金、同桂成、34角、26玉、44角、同竜、37銀、27玉、16角、同成桂、28金 まで11手

逆算で作りましたが、ものすごくサラッとできた作品だと記憶しています。たぶん実質的な創作時間は1時間未満です。しかもその大半が、「ラスト1枚の桂をどう処理するか」ということに費やされました。上述の変化でわかるとおり、26の桂は厳密に言えば合駒制限用の配置です。解説にも苦心の配置と書かれました。しかしながら、手順中に取られる形で消去され、若干の紛れ筋も作っているので、置いておくならこの配置だと思っています。

初形を見ただけでだいたい見抜けるので、友人に出そうとして盤面に並べ終わった瞬間に「詰みました」と言われたのも良い思い出です(涙)

スポンサーサイト
自作出題 その13
記事の投稿が遅くなってしまいました(汗)

さらっといきます。その13、出題編です。

BANT057.png

問題の方もさらっとしております。というか完全に既存手筋かも?
面白みはないかもしれませんが、息抜き程度に解いていただければと思います。

※初めての方へ 
 感想コメントは特に承認制などの方法をとっておりません。
 ノーヒントで解きたい!という方は解き終わってからコメントを見ていただくことをお勧めします。
 コメントしていただく内容は、具体的に手順に触れていただいてOKです。ただし、作意まるごと書いてしまうなどは避けてください。

自作出題その12 解答編
本日、大学の後輩たちの個人戦の応援に行ってきました。
要は食事代を出すためのようなものですが(笑)、夕食に行った店がマウンテン。
私は2年ぶりだったのですが、9人全員甘口を頼む(キウイスパ×2、チョコスパ×2、メロンスパ、しるこスパ、抹茶しるこスパ、バナナスパ、あつげしょう)という惨事。危うく遭難しかけるところでしたが、どうにか登頂に成功いたしました。チョコスパの上に載っているサクランボの自然な酸味がすごくおいしく感じられました。

地元ネタですみません。興味がある方は「喫茶 マウンテン」で検索を(笑)

それでは、実はちょっとしたペテン問題、自作出題その12の解答編です。

BANT059.png

作意?:86銀、同玉、75銀、同歩、58角、36桂、59角 まで7手詰 

★初手の86銀は順当な王手。空き王手の形にして、すぐに58角と引くと、66歩で75の地点から抜けられます。角の利きが生きているうちに75銀と捨ててしまうのが好手段。同歩と取らせて58角の引けば、竜を取って59角で角二枚の透かし詰となります。75銀に95玉と逃げると9手詰の変長ですが、ブログ出題のご愛嬌ということで……。

★と、そんなわけはございません。ヒントなしで一瞬で気づかれた方は相当なマニア?

kaminbo --駒が余った!?と思ったら見事に6手目が見えてませんでした(笑)

★上の変長で「これはおかしい」と気づいた方もいらっしゃるかもしれません。6手目の妙防。それがこの作品の一番の狙いなのです。

作意:86銀、同玉、75銀、同歩、58角、76歩!、同竜、95玉、86竜、同玉、87歩、95玉、59角 まで13手詰

★58角の瞬間、95玉でも、76や66に駒を打っても59角です。このとき、75の地点さえ空いていれば、59角に75玉から逃げられます。また、76に龍を呼び込めば、94地点への利きが消える。この二つの意味を合わせた76歩の突き捨て移動合が妙防です。その歩は今さっき75銀、同歩と進んできた駒。それを連続で突き出す味は面白いと思うのですが、いかがでしょうか。

★76同竜以下は竜と歩の打ちかえを行って58角の利きを通して、狙いの59角を実現させます。

★配置の上では、作意上は44桂が不要駒に見えますが、実は余詰消しに働いています。偽作意に誘導する配置にもなりました。

小野寺 --うまいなーいいよこういうのっ
やまかん --角引くとこはチョットみえみえなところあるけどその前に工夫してるのがいいですね。妙防もうまいです。

★解答いただいた方には好感触だった様子。6手目成立部分からの順算創作ですが、それなりに上手くいったとは思います。

ss --詰め上がりはちょっとくどいけど、この種の作品はパラで好評なんじゃないかなぁ。普通に入選すると思うけど。

★普通に投稿するか、またはちょっと意地悪ということで解答選手権に送ってしまうということも考えました。
ただ、詰上がりがコレなので、渋ってしまったのです。75銀の先捨て、76歩の妙防、竜と歩の打ちかえ。3要素揃っているので、投稿したほうがよかったかなぁ……。

最近創作できてないなぁ、というわけで次回の出題は古い在庫を引っ張りだそうかな、と考えています。
詰パラ11月号感想
まだ書いてなかったよー、ということでさらっと書きますぜ。

表紙 ――減量していらっしゃる八段氏。謎の違和感のなさである。
ヤン詰 ――①になかなか苦しめられました。11手詰も最近作ってないなぁ。
小学校 ――自作が入選しています。知っている人は「あー、これかー」と思うかもしれない。小学校の手数であるというのが一番のヒントです。はい。他の作品もかなり濃いので、これぞ期末という感じ。
中学校 ――これも面白い作品が集まっています。中22みたいなセンスが欲しい。
高等学校――楽しませていただきました。選者コメントからだいたいどの作品がどの狙いなのか見当を付けてから解くというズルいことをしましたが(笑)
短期大学――通勤中の電車の中で思いっきり噴き出しました。いい作品なんだけどなぁ。現在の解図は短22、23、24が解けて、21と25が解けません。25みたいなのを諦めがちなのは悪い癖なんだろうなぁ。
大学・大学院 ――勝てる気がしない。
D級順位戦 ――全体的に軽め?作者名当てに一人は自信を持って答えられます(笑)
昇段記念  ――ウー、解けません。ウー。
喜寿記念  ――現在ココを集中して解図中。一問目で詰まっていますが・・・。
同人入り記念――2問目の原理を理解してナルホド。まあ、そこから先は考えてな(ry
デパート  ――双玉特集。ついさっき⑤に王手がかかっていることに気づいた。

うーん。最近解図スピードも落ちているんじゃないかと思ったりしてます。怠けてるかなぁ。。。       
将棋世界2010年11月号 詰将棋サロン第3番
最近創作ペースがめっきり落ちています。二つの大会で代表を決めたのもあり、意識的に指将棋のほうにシフトしているのですが、創作も適度にやっていかないと……。

さて、今回はまた軽く過去の入選作解説をしたいと思います。

BANT022.png

将棋世界への入選二回目の作品。将棋世界への入選は今のところ3回しかありませんが、その中ではこれが一番お気に入りの作品です。
 初形は盤面9枚。それなりにすっきりとした初形となっています。32の角を取られながら逃げられると厄介なので、取られない迫り方を考えたいところですが、①13龍は23歩ぐらいで続かない。②36龍は34銀合で詰みません。
 勘がよい方は66歩の存在を見て、一目で気づくかもしれませんが、44金が意外性のある初手になります。32玉には43銀、41玉、63角以下。42玉には43角成、51玉、73角以下簡単です。したがって、同玉と取った手に対し、46龍として上部の拠点を切り替えます。
 33玉には43龍があるので、ここは合駒をしなければなりません。しかし、例えば45歩合では、55角、34玉、35銀、25玉、26龍まで。そこで、35銀を取るための45金合が正解となります。ちなみに飛合は品切れであるわけですが、仮に飛合ができると不詰です。そのための31龍配置であったりします。
 金合でも55角、34玉、35銀、同金までは進みます。そこで33角成!が強烈な捨て駒。よくある筋ではありますが、こういう手が実現すると気持ちがいいものです。そして25玉と逃げる手に対しては14角成!と押し売ります。この角の二連続捨てが狙いで、最後は16龍とスイッチバックしての清涼詰となります。
 
作意:44金、同玉、46龍、45金、55角、34玉、35銀、同金、33角成、25玉、14角成、同玉、16龍 まで13手詰

 変化はあまりなく、予定調和的すぎる印象はありますが、全体的に綺麗にまとまった手順かと思います。
 ただ、この作品において残念なのは玉方66歩の存在。このせいで初手が第一感になる、という意見も内輪ではありました。本来なら外しておきたいところで、将棋世界の解説にも「非限定解消ならなくても良いのでは?」というような感じのことが書かれておりました。しかしながら、実はこの歩は余詰消し。44金、同玉のとき、66角が成立します。55合は46龍以下同様の手順で詰みますし、45玉には56銀、35玉、44角!という手があり、逃げる順番は他にあってもすべて詰んでいます。

 初期のころの作品としては上出来な部類。今でもこれぐらいの作品がたくさんできるのが理想なのです。
自作出題 その12
さっそくリベンジとまいりましょう。今度は負けないぞ!(ぇ)

BANT059.png

珍しく駒数が多めですが、これでも削った方なのです。

今回、ちょっとヒントを設けてみました。ドラッグ反転して表示されます。
お節介かもしれませんが、解けた後で見てみるのもよいかもしれません。
感想コメントなどいただけると嬉しいです!

ヒント:13手詰です。妙防注意。

※初めての方へ 
 感想コメントは特に承認制などの方法をとっておりません。
 ノーヒントで解きたい!という方は解き終わってからコメントを見ていただくことをお勧めします。
 コメントしていただく内容は、具体的に手順に触れていただいてOKです。ただし、作意まるごと書いてしまうなどは避けてください。
自作出題 その11 解答編
この前の朝日アマ予選の結果、アマ連レーティングが全国3位の点数になってました。
これにはトリックがありまして、アマ連レーティングは2400を境目に計算式が変わり、2400以上は上昇幅も加工幅も約3分の1になるのです。しかし、2400未満から上がるときは元の計算式で計算されるので、2398というギリギリの点数だった私は、いきなり25点も跳ね上がってしまったのです。

まあ、何言ってんだ、こいつ。 と言われても仕方のないことなのですが(笑)

さて、問題の自作出題その11。早めの解答編です。

BANT060.png

作意:37金、35玉、15飛、同馬、36金、同玉、54馬 まで7手詰

★一見するといかにも両方から空き王手・両王手をしますよ、という形。これをダミーとした15飛が狙いです。初手から紛れが多く、初手に馬を動かせば何かしら詰むように見えます。54馬は56との移動合がありますし、49馬と展開しても詰……

★……んでましたー! 申し訳ありません!

★我が家の柿木将棋は初形からは反応しなかったのですが、元は自分自身の粗末な検討のせいなので、言い訳のしようがございません。結論と致しましては、一路左に寄せれば余詰筋の追いかけの際に玉が広く、なんとか逃れているようです。ただ、何があってもおかしくないので、あえて修正図としては提示しないことと致します。

★実はこの作品、短コン応募にしようか悩んだ作品。ある意味、このまま投稿しなかったのは幸運だったのかもしれません。

やまかん ―初形配置もよいし手順も綺麗だと思います。難を言えば綺麗過ぎて慣れてる人にはすぐわかるくらいですね。でもブログ出題だからこれくらいが最適。
TETSU -3手詰かと思ったら一工夫必要だった。残念ながら49馬で余詰。
小野寺 -ん?余詰あり? 修正はできそうだね  金の使い方がいいね

★不完全作にも関わらず、コメントをいただいた3氏に深く感謝を申し上げます。

★恥晒しついでにこの作品の原図をぶっちゃけてしまいますと。

BANT060b.png

★元はこんな感じだったのです。これなら形もよかったのですが、5手目33銀不成でも、43玉、55馬以下詰んでしまいます。成不成の非限定と言えばそうなのですが、超短編では余詰といわれても仕方がない(というか、この作品に関して言えば、ほぼ不完全作だと作者自身も思っている)ので、断念して作り直したのですが、まさかそちらも余詰とは……。

★検討は柿木任せ、などという甘えた考えはダメですね。気を引き締めたいと思います。

★次回は本作のリベンジ(?)を果たしたいところです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。