らうーるの詰将棋置場
詰将棋を作ってみたりそうでなかったり。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自作出題 その6 解答編
解答までの長さも不定期になっておりますが、解答編いってみよー(謎テンション)。

BANT051.png

43角、22玉、21角成、同玉、23龍、22金、12角、11玉、22龍、同玉、34桂、32玉、21角成、同玉、22金 まで15手詰

★初手さえ特定できれば、全く難しいところのない作品です。といっても、初手有力な紛れといえば43桂成ぐらいですが、同銀、41角、22玉、23角成、同玉、43龍、33香、34角、14玉、25銀、15玉以下詰みません。ベタッと43角を打った後は、ひたすら王手をかけるゲームに近いです。最後21角成が入っているので、一応はネタ帳の中に残しておいたものです。

EOG -狙いが判然としないんですが、やりたかったのは6手目?11手目?

★今考えても、何がやりたかったのでしょう(ぇ)。電車の中で「23龍以下の形が詰むのかー」と考えたのがきっかけなのは確かなのですが。

三輪勝昭 -悪いところを直せば別の作品になりますし、良いところをより良くするには構成を変えなくてはいけない。要するにサイトはこれ位で好印象でしょう。本作、僕は43角と34桂の時、これで大丈夫かなと不安になる味が良いと思います。

★たまにはこんな息抜き作図もいいかなぁ、と思っています。私は息抜きしてばっかですが。

さて、次回は物々しい形の作品の出題も考えています。それに見合う狙いと難易度がついてくるかは……、ご期待はなさらぬようお願いします。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://shogiraul.blog.fc2.com/tb.php/31-7d4f4c56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。