らうーるの詰将棋置場
詰将棋を作ってみたりそうでなかったり。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
将棋世界2011年8月号 詰将棋サロン第2番
最近、通勤中の反復練習として買ったのが「おもしろ詰将棋216」。
知っている人は知っていると思いますが、双玉作品しかありません。
解いていて頭が痛くなりそうで、通勤中にはなかなかハードですね(笑)

今回自作解説をするのは、将棋世界入選3回目の作品です。

BANT033.png

やたらと桂馬ばっかりの初形。持駒はたっぷり角角金金とありますので、どうやっても詰みそうに見えます。17金と打ってみるのは順当なところ。同桂成の一手ですが、同銀では25玉から大海に逃げられてしまいます。

それでは角を打って王手をかけてみましょう。25桂合、17銀、27玉に37金、同桂成で不詰……と思いきや、桂馬は盤上に4枚あるので、25桂合はできません。いつでも成り返ることができるように43角、26玉、37銀、35玉……。どうにもこれが詰みません。26~35玉とされたときに詰む形を作っておく必要があるのです。

正解は34角。45の地点は塞ぐことができますが、生角なので不安が残りますが、26玉に44角が狙いの捨駒。これで44の地点を塞げば、37銀、35玉に25金で詰みます。

結局27玉と避けたところで、3手目に打った角を16角と捨てて解決。二枚角限定打がテーマではありますが、手順としては解説する余地を見つけ出すのが大変なぐらい簡単です(笑)

17金、同桂成、34角、26玉、44角、同竜、37銀、27玉、16角、同成桂、28金 まで11手

逆算で作りましたが、ものすごくサラッとできた作品だと記憶しています。たぶん実質的な創作時間は1時間未満です。しかもその大半が、「ラスト1枚の桂をどう処理するか」ということに費やされました。上述の変化でわかるとおり、26の桂は厳密に言えば合駒制限用の配置です。解説にも苦心の配置と書かれました。しかしながら、手順中に取られる形で消去され、若干の紛れ筋も作っているので、置いておくならこの配置だと思っています。

初形を見ただけでだいたい見抜けるので、友人に出そうとして盤面に並べ終わった瞬間に「詰みました」と言われたのも良い思い出です(涙)

スポンサーサイト
コメント
コメント
本作はリアルタイムで解きましたよ。水谷さんの作風がしっかり出ている好作と思いました。^^

ちなみに作意手順の最終手は28金?28玉と誤植されているので一応知らせておきますね~
2012/11/23(金) 23:03:04 | URL | 宮原 航 #- [ 編集 ]
ご指摘ありがとうございます。訂正いたしました。
2012/11/24(土) 00:04:37 | URL | らうーる #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://shogiraul.blog.fc2.com/tb.php/58-da7ede2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。