らうーるの詰将棋置場
詰将棋を作ってみたりそうでなかったり。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自作出題 その17 解答編
指将棋のほうに専念したり、風邪をひいたりで、全然更新できずにすみませんでした。

さらっと解答編やっちゃいます。

BANT041.png

26銀、同馬、46銀、47玉、36銀、同馬、56馬、同と、49香 まで9手。

★入玉形ですが、駒数はそれほど多くなく、さっぱりとした感じの図。しかしながら、2枚のと金に加えて馬の利きが強力なので、この守備駒をどかしていくことを考えます。26銀が焦点の捨駒で、同玉には28龍から簡単。同馬と取らせて、馬の働きを限定させることに成功しました。
★46に銀を据えていかにもな形。ここで36銀が重要な一手。同馬と取らせてさらに馬の利きをそらしておく必要があるのです。そして狙いの56馬。12月号のアレとは同じ発想ですが、と金で取らせて49香までの収束はどこか気分のいいものがあるように思います。

kaminbo ―詰め上がりの形が好きです。対称だったらもっと良いのですが(笑)
小野寺 ―牛タンの串刺しをあなたに。

★ちなみに、7手目49香は48銀が唯一の逃れ。56馬に同玉と取ったとき、57に利きます。こんな検討用紛れまでしっかり見てくれている宮原氏には大いに感謝。

宮原航 ―なるほど、2度の銀捨てはいい味ですね。特に2度目の方は少なくともすぐには見えない。しかも7手目香打ちは銀合の限定逃れ。収束の馬捨てはしょっちゅう見るものですが(らうーるさんの短コン作品もこの収束だったような(^^;)、この手順なら詰上がりも映えて好作と思います。

★サロンあたりに出せばいいじゃない、という声もチラホラ。スッキリとした出来ではあるのですが、既視感が強く、作者の個人的な評価は高くない作品です。少なくとも手筋であと数手伸びるか、もう一手目新しい手がほしかった。

三輪勝昭 ―作品としては優秀です。ただしどこかで見た感がある。手筋は一手単位ではどれもどこかで見てるはず。だとしたら組み合わせ?組み合わせの優秀なパターンが同じになり易い手順だと「どこかで見た感」になるのでしょう。この作品はだから他には発表出来ない。しかし、優秀な作品…こんな作品がサイト発表には理想なんではないでしょうか。

★投稿すべきかどうかの基準は悩みどころ。今回の作品はブログ発表で正解だったかなぁ、と思っているのですが(汗
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://shogiraul.blog.fc2.com/tb.php/69-541c3e6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。