らうーるの詰将棋置場
詰将棋を作ってみたりそうでなかったり。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自作出題 その18 解答編
今月の詰パラはいろいろ嬉しいことがありましたが、まずはこっちの出題をやらなければ。

というわけでお待たせしました(?)。解答編です。

BANT012b.png

33香成、同香、42飛成、32馬、同竜、同歩、13角、12玉、23銀、同玉、14龍、同玉、24角成 まで13手詰

★4×5に収まった比較的コンパクトな形。しかし、21の馬や11の金が不気味な感じです。
★初手32香成とすると、同馬で眠っていた守備駒に触ってしまいます。33香成~42飛成は自然な追い方で、単純に合駒を打つと33龍上以下簡単。そのため、32馬と移動合をして、21のスペースを空けるのが正しい応手です。これに同じように33龍上と追うこともできますが、21玉と逃げた形が相当詰まない形になってしまいます。これで困っているようですが……。

小野寺 -不詰感が一瞬漂う。馬取りは意外とみえない。
kaminbo ―5手目がひたすらに見えませんでした。すっきりまとまって良い感じです。
やまかん ―4手目まではこんな感じかなと思ったけど5手目33取って詰まないとはねえ。

★短評はこの部分に集中。32同龍と切ってしまうのが英断の一手。同玉は54角から追えば詰みますので歩で取りますが、逆サイドからの13角が継続手。21玉には41龍~11龍と金を手に入れて詰みます。

三輪勝昭 -収束は既視感はありますが、最終手を作る7手目が12玉で不詰と思い指し難い手になっているのが良い。

★12玉の躱しにも23銀~14龍の大技が決まっての清涼詰となります。この収束は半分借り物ですが、当時の作品の中では綺麗に仕上がったものだと思います。

この記事を書いた直後に24名人戦の対局があります。結果報告は次の出題編で(笑)。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://shogiraul.blog.fc2.com/tb.php/71-e6b501aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。