らうーるの詰将棋置場
詰将棋を作ってみたりそうでなかったり。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月だ。
支部名人戦、初の代表を取りました。
なんだか最近調子がいいんだか悪いんだかわかりませんが、結果が出たのでよしとします。

ほぼ月一となっているブログ更新。パラのことをサラッと書きます。

①小学校
 1月とはコンセプトを変えた選題です。ベテラン中心で作品もどこか難解な雰囲気が漂っています。
 メール解答や投稿については書いた通りなので、やるにしても来期以降、試験的にやることになります。

②高校自作入選
 なんとか上手くまとまった作品です。作意もそうですが、ある変化手順がお気に入り。

③透明駒
 うん。なるほど。わからん。

とりあえずはそんな感じです。また適当に感想を書くかも?

2014年
あけましておめでとうございます。

実はいろいろなことがあった年末年始なのですが、全く更新していないという失態。
生存報告を兼ねて書きますよー。

①アマ王将戦準優勝
過去5年間で4回の全国大会準優勝。24名人戦をあわせれば5回。
一年に一度のペースで準優勝とか、もはや笑い話にしかなりません。
あ、でも銀河戦出れます。これは楽しみ。

②詰パラ担当
12月にバレた時点で書くべきでした。小学校担当になりました。
紙面にも書きましたように、3手5手が不足気味。というよりも、在庫自体が全体的に少なめです。
超短編作を隠し持っている方はこの機会に是非。

③神吉作品集解説
この解説、いろいろとツッコミどころはあるのですが、全体を見たときに最大級のツッコミどころがあります。
校正原稿が回ってきたときに気付くべきだったんだけどなぁ……。

④最近の流行?
ドイツ語を勉強しています。それも結構本気で。
某氏に文法やライティングを指導していただいたり、オンラインレッスンを受けたりしています。
今年の夏に旅行に行くことを目標に……。

そんな感じで、作品はあんまり作れていません。
しばらくは創作はスローペースになるかも?
まさかの
今年、代表0のまま終わるのかなぁ、と思っていたところでアマ王将の代表を取りました。
寄せ間違えて必敗の将棋もあったので、素直には喜べませんが、とりあえず一安心です。
しかしながら、準決勝も決勝も、詰んでいるのに必至をかけました。自玉がはっきり詰まないからといって、実に作家らしくない将棋でした(汗

まあ、終盤がぬるいのはいつものことか。

全国大会は天童だそうです。実は初めて行くので、結構楽しみにしています!

このままでは詰将棋の話題がないので。
神吉先生の双玉作品集ですが、多数の解答をありがとうございます!
原稿を書かねばなりませんが、なかなか大変な作業になりそうです。

ご期待くださ……らないほうが無難ですよ?(ぉ
詰パラ平成25年8月号 表紙詰将棋
治ったはずの風邪をもう一度引きました。しかも大会前に。ひどい。
結果として朝日の予選もベスト4止まりで終わってしまいました。がっくし。
短コンの作品もできないです。どうしよう……。

気晴らしに表紙詰将棋の解説でも。

BANT055.png

解答者102名、誤解2名

作意
21角成、同玉、31桂成、11玉、33角成、同歩、21成桂、同玉、41飛成、31桂、32銀、12玉、23銀成、同桂、21龍 まで15手詰

変化
4手目同玉は、42角成、21玉、32馬、同玉、23銀打以下。または、42飛成、21玉、22銀、同玉、33角成以下、いずれでも割り切れている。
6手目22歩合は、12銀、同玉、13銀成、同玉、14香、同玉、15飛まで早詰。22銀合は、同馬、同玉、23銀打、33玉、34銀打以下。

ダメ元で表紙希望と送った作。採用されたと聞いたときは驚きました。
紛れはほとんどなく、初手22銀が唯一かもしれません。22銀、同玉、25飛がいかにもな形ですが、24歩と中合されるとどうしても続きません。見切りをつけて21角成~31桂成と玉を引っ張り出すのが正解で、33角成の歩頭への成りこみがやりたかった一手。これによって、のちに41龍のときに、32銀と打つスペースができている、って、パラの解説通りですね(汗)。
最終形は駒形。気づかれないかもしれないと心配していましたが、分かった方が多かったようで何より。
この作品は休日で何か作ろうと思って、一日で作り上げましたが、創作にかかった時間以上に苦心の産物です。当初、44飛と13歩の配置で考えていて、余詰と変長・変同に苦しみ、「これはダメだ」と、失敗案としてこのブログに乗せようかと思ったところで、13香と45飛の配置を思いつきました。
また、当初玉方52歩も配置していました(4手目31同玉に41飛成しかないと思っていた)が、良く見たらそれも省けることが判明。この形となりました。
他の表紙詰将棋に比べて、作り物の感が強い初形ですが、これはこれで、強引な逆算をした私らしい作品かも?
詰パラ10月号感想
10月に入って早々に風邪をひきました。熱が上がって最後に胃腸にくるという嫌なパターンの風邪でした。咳とかは全くなかったので、不思議でしたが……。

休養中に届いたパラをめくってみましたら、こんな感じ。

表紙
意外と時間がかかってしまいました。綺麗にまとまっています。

高校
宮原君が担当を引退するのは、個人的に大変惜しまれます。
それでも、高校生で担当を立派にやり遂げたのはすごいこと。
次は一体どなたが担当されるのでしょうね?

神吉先生の双玉作品集
なんか宣伝されてますがな(汗
はい。解説やります。どれも手が付けやすい作品ばかりだと思いますので、多数の解答をよろしくお願いいたします。こうして言っておけば、短評が増えて解説もやりやすいはずだ(ぉ

半期賞
なるほどこの作品が、と納得の印象。
前期は全体的にハイレベルだったと思いますので、他でも納得していたような気もしますが。

段位認定
作家部門もあったんですね。知らなかった。
私ごときではこの基準でいうと二段止まりなんですけどね。

表紙解答
100名を超える解答をありがとうございました。
駒形に気づいてくれた人も多くて何より。

短コン手数
前回の記事:「どうにか出題作の候補はできました(キリッ)」。
・・・完全にヤマを外した私はすっごい恥ずかしい(笑)
用意していた11手詰は次にとっておくかな……。
9手詰の制作に慌てて取り組んでいるのですが、なかなか満足いくものができないです。
このままだと無難すぎる手筋モノになってしまう・・・。

短コンに間に合うかどうかが、当面の課題になりそうです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。